まず歩きやすさ、そしてボリューム感と素材感がサンダル選びのポイント

サンダルに限らず、靴は歩きやすさが一番大切と考えています。モデルさんのように、歩きにくい靴でもカッコよく歩くためのトレーニングをしていないので、姿勢や歩き方に気を配る余裕が持てない靴は結果的に美しく見えないと思っています。

その観点で選ぶと、私の場合は「つま先の尖ったもの」「ヒールが細くて高いもの」はまず除外されます。車の運転をすることが多いので、ミュールタイプも選びません。

ヒールについては、ローヒールオンリーというわけではなく、ある程度高さがあっても安定性があれば歩きやすいのでOKです。

次に意識するのはボリューム感です。天然素材でゆったりとしたシルエットのナチュラル系ファッションが好きですし、体型もポッチャリなので、足元にある程度のボリュームがあった方がバランスがとれると思っています。ワイズでいうと3E以上のものを選ぶことが多いです。

デザインは、素足でも、ソックスと合わせてもはけるよう、バックベルト等でサイズの微調整ができるものがありがたいです。コーディネートの幅が広がります。

もう一つ忘れてはならないのが素材感です。夏はゴムやビニール素材のものでも良いのですが、それらの中にも質の違いがあります。ある程度上質なものを選ばないと、ファッション全体の印象が安っぽくなってしまうような気がします。

特に、大人といわれる世代となったら、サンダルのように素材の面積が少ないものでも気を抜かず、素材感を大切に選びたいものだと思います。

個人的にはスエード素材が好きです。悪目立ちせず、天然素材の服やソックスと馴染みやすいのです。

その他、色としてはシルバーやゴールドもお勧めです。服の色を選ばず合わせられますし、あえて天然素材の服とミスマッチなイメージのものを合わせることでおしゃれ感が演出できたりします。

最後に身だしなみとして気を付けたいのが、サンダルの汚れです。素足で履く機会の多いサンダルは、足の裏の汗などが染みて汚れやすいものです。日本の生活では、靴を人前で脱ぐ機会も多いので、恥ずかしい思いをしないよう気を付けています。

<PR>女性向けエステ.com|アフィリエイト相互リンク|家計見直しクラブ|内職 アルバイト|ショッピングカート|貯蓄|初値予想|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|心の童話|工務店向け集客ノウハウ|オーディオ|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|童話|お小遣いNET|